元気出る話総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事中華点心

餃子鍋

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい
餃子鍋
http://kakomutame.seesaa.net/article/114741265.html
餃子鍋.jpg

究極「宮」の味「宇都宮餃子専門店」
今回ご紹介します鍋料理レシピは、「餃子鍋」です。餃子と言えば、フライパンでカリカリに焼いて専用だれにつけて食べるということが一般的です。しかし、この餃子、実は鍋に入れてもおいしくいただけるのです。鍋に入れると、普段はカリカリの餃子の皮が弾力のあるモチモチとした食感に変わり、いつもとは違ったおいしさで楽しませてくれるのです。
鍋料理レシピでは、市販の餃子を使いますがご家庭で餃子を手作りするところからはじめれば一層おいしい鍋が出来上がること間違いなしでしょう。休日に家族みんなで餃子作り。半分焼いて、半分鍋に入れるという食べ方もよいのではないでしょうか。
では、はじめましょう。

餃子鍋
材料:餃子(市販のもの)...食べきれる分量 中華スープ...800cc 長ねぎ...1本 ニラ...半束 しょうが...少々 白菜...4分の1個 しいたけまたはしめじ...適量 料理酒...100cc 塩コショウ...少々

作り方
1、餃子はあらかじめ茹でておきますが、あとから鍋で煮込みますのでさっとでかまいません。
2、白菜、ニラ、しいたけまたはしめじを食べやすい大きさに切ります。長ねぎは大きめにきり、しょうがはみじん切りにしておきます。
3、鍋に中華スープと料理酒、しょうが、塩コショウを入れて味を調えます。
4、味が調いましたらそこへ、白菜、ニラ、しいたけまたはしめじ、長ねぎを加えて煮込みます。
5、鍋の具材に火が通ってきたら、餃子を加えて完成です。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

特別製造!おいしい宇都宮餃子をご自宅へお届け!「宇都宮餃子専門店」



posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 14:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の種類 蒸し餃子

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい
餃子の種類 蒸し餃子





一時期「飲茶」というスタイルが流行りました。
ミスタードーナツでの飲茶が有名かもしれませんが、ホテルの中国料理店で飲茶ランチがあり、飲茶バイキングを楽しめるお店もあります。
蒸篭で蒸されたさまざまな点心とお茶を楽しむのですが、点心のなかでもやはり餃子は人気のメニューになっています。
このような蒸し餃子は中国の華中、華南地方ではもっとも普通な食べ方です。
中国で一般的と言われているのは水餃子ですが、こちらの蒸し餃子は水餃子と違って餃子の味がお湯に逃げることもなく、皮の食感もしっかりと楽しむことができます。
エビを具にした餃子などは皮に米粉を使用するため蒸し上がりが半透明になり、中の具の色が透けて見えてとても美しく仕上がります。
蒸し餃子には、野菜や胡桃など具の中身をイメージした形や色に仕上げ、金魚や花、ウサギなどの形を模して作った変わり餃子も含まれます。
これらの変わり餃子は、その美しい色や形を保つために、蒸して調理することが多いのです。
西安の観光旅行で訪れる人が多い「餃子宴」で出される餃子もこれら変わり餃子です。
味もさることながら、その色、形、まさに芸術です。
日本では蒸し餃子にもタレやからしを付けて食べることが多いのですが、中国では餃子に味が付けてあり、そのまま食べられるようになっています。
その他、揚げ餃子という食べ方がありますが、中国では日本ほど一般的ではないようです。
揚げ餃子はざくざくとした皮の食感と具のジューシーさが味わえます。
調理法としても簡単な方だと思います。
揚げた餃子に野菜あんなどをかけると栄養バランスのとれたおいしいおかずになりますね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓ 
人気ブログランキングへ

posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 16:31 | Comment(0) | 蒸し餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の種類「水餃子」

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい
餃子の種類「水餃子」



水餃子、ふんわりもちもちの食感がたまりません♪

日本で餃子といえば焼き餃子ですが、最近では水餃子を食べる人も増えてきました。
冷凍餃子に農薬が混入されていた事件があった影響で、家庭で餃子を手作りする人が増えたことも、そのひとつの要因だと思います。
皮から手作りする場合、どうしても既製品よりも厚くなるため、厚めの皮がおいしい水餃子として食べる家庭が多いのです。

水餃子は中国ではもっとも一般的な食べ方で、お湯で茹でた餃子にタレを付けて食べます。
皮が弱いと茹でるときに破れて中身がばらけてしまいます。
そのため焼き餃子よりも厚い皮を使って作られます。
日本で販売されている餃子の皮は、おもに焼き餃子にしたときにおいしくできるように作られているので、水餃子には向きません。
水餃子用として販売されている皮か、厚手のものを使うのが無難です。
せっかく包んだ具が調理の途中でばらけてしまっては台無しですからね。
水餃子を作るのならやはり皮から手作りするのがおすすめです。
確かに手間はかかりますが、手作りの皮のもっちりとした食感はなんとも言えませんよ。

また、水餃子の仲間に野菜などと一緒にスープに入れて煮たスープ餃子があります。
スープに味が付けてあるので、わざわざ餃子だけをタレに付けることもありません。
こちらはわざとスープの中で餃子をくずして食べる人もいるようです。
薄い皮で作った餃子で水餃子にするのなら、万が一ばらけてもおいしくいただけるスープ餃子にしてみるのもいいでしょう。
ワンタンスープにも似た感じのメニューになりますね。




posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 16:48 | Comment(0) | 水餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の種類 「焼き餃子」

餃子 ギョーザ 餃子がたべたい
餃子の種類 「焼き餃子」
究極「宮」の味「宇都宮餃子専門店」
餃子090206.jpg
ラーメンと餃子はセットで注文!あぁ〜餃子たべたい!!

皆さんが餃子と聞いて思い浮かぶのは、やっぱりジュージューと焼いて焦げ目のついた焼き餃子でしょう。
日本では焼き餃子がもっとも広く食べられている調理法です。

水餃子が一般的と言われる中国でももちろん焼いた餃子はありますが、こちらは一度茹でるか蒸すかしたものを焼くそうです。
昔、宮廷に仕えた人が残り物の蒸し餃子を持ち帰って焼いて食べたのが始まり、という話もあるようです。
日本では一度蒸してから・・・などということはせず、生の状態からいきなり焼いて調理しますね。

家庭で作る場合はフライパンやホットプレートなどを使い、専門店では鉄板を用いるところもあります。
フライパンを熱して油を敷き、餃子を並べたら水を加えて蓋をして蒸し焼きにします。
水分がなくなったところで蓋をとって、さらに焦げ目がつくまで加熱したら出来上がりです。
他に、先に焦げ目をつけてから水を加えて蒸し焼きにする方法もあるようですが、どちらの方法で調理するかは意見が分かれるところです。

蒸し焼きにするときに加える水に、小麦粉や片栗粉を少量加えて焼くと、羽根付き餃子ができます。
これもパリパリとした薄皮がおいしいです。
家庭でもお店風の餃子が焼けるので、ぜひ試してみてください。

日本では焼き餃子の具にニンニクを入れることが多いのですが、中国では入れません。
ニンニクは具に混ぜずに薬味としてタレに混ぜて食べるそうです。
また日本の焼き餃子に比べ中国の焼き餃子は、焼くときの油の量が多いため餃子の底面が揚げ餃子状態になっていることがよくあります。

「安心・安全・手づくり」そして味にも自信あり!「宇都宮餃子専門店」
posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 焼き餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便利な食材の宅配

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 食品の安全
安心食材 便利な食材の宅配



人間が生きていくためには食生活というのは欠かせません

位置情報日本は食に恵まれています。
みなさんはどんな食べ物が好きですか?今は外食するにもたくさんのお店がありますし、ちょっと休憩したいなというときに軽食が食べられるお店をさがすのも時間がかからずに入ることができますよね。
最近では高齢化が進んでいるせいか、一人で気軽に入れるお店や自分の自宅付近にトラックでものを売りに来てくれる食材屋さんもあります。
外食ばかりになりがちな現代人ですが、位置情報「メタボリックシンドローム」という言葉が流行っているせいか、健康や食生活の見直しが意識されています。
ですから、特に女性は自炊をして健康管理に気を使っている人も増えているといいます。
自炊するには自分で食材をスーパーで買って、自分で調理しますが、食材はスーパーに飼いに行く人たちだけではなく、位置情報無農薬などにこだわりのある方は「宅配」を利用している人も多いです。
食材の宅配は忙しい社会人の方や、なかなか外に出られないお子様のいるご家庭、一人暮らしであまり遠くへは外出ができない高齢の方にはとっても便利なシステムです。
食材の宅配には色々な種類があります。
ポストに入っているチラシをよく見かけると思いますが、お寿司やピザ、そば屋さんなど・・ほとんどのお店では宅配システムをとりいれていると思います。
ファミリーレストランでも今は宅配システムを行っていますよね。
皆様も一度は宅配を頼んだことがあるのではないでしょうか。

2400円相当の無農薬野菜が1500円『お試しセット』


posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 15:20 | Comment(0) | 食材の宅配 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本餃子の歴史

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい
日本餃子の歴史
餃子090202.jpg
餃子が本格的に食べられるようになったのは、戦後、帰還した兵隊さんが伝えたとのことです。

今や一般家庭で手軽によく食べられている餃子ですが、もともとは中国から伝わったもの、ということはほとんどの人が知っていることでしょう。
日本の餃子は、その多くが戦後に満州から伝わったものだと言われています。
戦争中に餃子を覚えた兵隊さんが、日本に帰って思い出しながら作ったものが広くうけて食べられるようになったそうです。
手軽に作ることができ、また栄養バランスや味もよいことから庶民受けしたというのも納得です。

日本での餃子は主に皮は薄く作られ、焼き餃子として食べられます。
具にはニンニクやニラが入り、野菜は白菜ばかりでなくキャベツもよく使われます。
地域や店舗、家庭によって具はさまざまですが、一般的に日本で食べる餃子と言えばこんな感じでしょう。
中華料理店やラーメン屋さんへ行くと必ずと言ってよいほど餃子がメニューにあります。
家庭ではご飯のおかずとして餃子が食べられることが多いのですが、これは日本に限ったことのようです。
中国では餃子だけをたくさん食べるそうで、餃子の皮は小麦粉で出来ているのでそれが主食と考えられるのです。
特に中国では水餃子がメインなので皮も日本の餃子に比べてずいぶん厚いですしね。

ちなみに日本で最初に餃子を食べた人物は誰だと思いますか?
みなさん、ご存知「水戸黄門」こと三戸光圀です。
三戸光圀は餃子だけでなくラーメンも日本で最初に食べた人物だと言われています。
そんな時代から餃子もラーメンもあったのですね。
どんな味がしたのでしょうか、興味がわいて来ます。




posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 16:23 | Comment(0) | 日本での餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。