元気出る話総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事中華点心

焼き餃子

餃子の種類
焼き餃子
餃子 ギョーザ 餃子が食べたい

皆さんが餃子と聞いて思い浮かぶのは、やっぱりジュージューと焼いて焦げ目のついた焼き餃子でしょう。
日本では焼き餃子がもっとも広く食べられている調理法です。





水餃子が一般的と言われる中国でももちろん焼いた餃子はありますが、こちらは一度茹でるか蒸すかしたものを焼くそうです。
昔、宮廷に仕えた人が残り物の蒸し餃子を持ち帰って焼いて食べたのが始まり、という話もあるようです。
日本では一度蒸してから・・・などということはせず、生の状態からいきなり焼いて調理しますね。





家庭で作る場合はフライパンやホットプレートなどを使い、専門店では鉄板を用いるところもあります。
フライパンを熱して油を敷き、餃子を並べたら水を加えて蓋をして蒸し焼きにします。
水分がなくなったところで蓋をとって、さらに焦げ目がつくまで加熱したら出来上がりです。
他に、先に焦げ目をつけてから水を加えて蒸し焼きにする方法もあるようですが、どちらの方法で調理するかは意見が分かれるところです。

蒸し焼きにするときに加える水に、小麦粉や片栗粉を少量加えて焼くと、羽根付き餃子ができます。
これもパリパリとした薄皮がおいしいです。
家庭でもお店風の餃子が焼けるので、ぜひ試してみてください。





日本では焼き餃子の具にニンニクを入れることが多いのですが、中国では入れません。
ニンニクは具に混ぜずに薬味としてタレに混ぜて食べるそうです。
また日本の焼き餃子に比べ中国の焼き餃子は、焼くときの油の量が多いため餃子の底面が揚げ餃子状態になっていることがよくあります。



posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 11:34 | Comment(0) | 焼き餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華料理の注文

餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 上海料理
中華料理の注文




レストランに入って席についたら、まずは飲み物を注文し、主食を決め、そして野菜の炒めたものと豆腐料理を何か注文したら、さあ、いよいよここからが「前菜」の注文です

1、前菜とスープ
スープは、これは人数が少ないときは、よした方がいいでしょう。目安は6人以上。スープは「湯」です。
中華料理というと? いろいろ連想する方もいらっしゃるでしょうが、せっかく上海などへ旅行に本場へ観光へ来たのですから、お店のおまかせ、「例湯」(本日のスープ)にしてみてはいかがでしょう?意外な味に出会えるかも!しれません。
前菜はそれぞれひとつずつ選びます。
2、お店のお勧めを1〜2品選んでみるとよいでしょう。
上海なら上海料理ご自慢のもの、つまり「上海蟹」を勧めてくれるはずです。あまり高いもの、たとえば、海鮮料理は間違いなくおいしいでしょうが、大抵、お値段が張ります。お財布と相談のうえ、いやならお断りを!
「魚翅」と書かれていたら、それが「ふかのひれ」です。お財布に余裕のある方はぜひ、お試しを!
3.あとは人数とおなかの状態に合わせ、追加の料理を頼みます。
材料別にひとつずつ選ぶと味の変化を楽しめるでしょう。豚、牛、鶏、鴨、そして内臓です。中国で「肉」とあれば、それは自動的に「豚」を意味します。「猪肉」と書かれてあることもあります。鶏肉は、「鶏」、「鴨子」は「アヒル」です。
4.デザートの注文
デザートの注文は、料理が全部出てからです。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 10:25 | Comment(0) | 焼き餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の種類 「焼き餃子」

餃子 ギョーザ 餃子がたべたい
餃子の種類 「焼き餃子」
究極「宮」の味「宇都宮餃子専門店」
餃子090206.jpg
ラーメンと餃子はセットで注文!あぁ〜餃子たべたい!!

皆さんが餃子と聞いて思い浮かぶのは、やっぱりジュージューと焼いて焦げ目のついた焼き餃子でしょう。
日本では焼き餃子がもっとも広く食べられている調理法です。

水餃子が一般的と言われる中国でももちろん焼いた餃子はありますが、こちらは一度茹でるか蒸すかしたものを焼くそうです。
昔、宮廷に仕えた人が残り物の蒸し餃子を持ち帰って焼いて食べたのが始まり、という話もあるようです。
日本では一度蒸してから・・・などということはせず、生の状態からいきなり焼いて調理しますね。

家庭で作る場合はフライパンやホットプレートなどを使い、専門店では鉄板を用いるところもあります。
フライパンを熱して油を敷き、餃子を並べたら水を加えて蓋をして蒸し焼きにします。
水分がなくなったところで蓋をとって、さらに焦げ目がつくまで加熱したら出来上がりです。
他に、先に焦げ目をつけてから水を加えて蒸し焼きにする方法もあるようですが、どちらの方法で調理するかは意見が分かれるところです。

蒸し焼きにするときに加える水に、小麦粉や片栗粉を少量加えて焼くと、羽根付き餃子ができます。
これもパリパリとした薄皮がおいしいです。
家庭でもお店風の餃子が焼けるので、ぜひ試してみてください。

日本では焼き餃子の具にニンニクを入れることが多いのですが、中国では入れません。
ニンニクは具に混ぜずに薬味としてタレに混ぜて食べるそうです。
また日本の焼き餃子に比べ中国の焼き餃子は、焼くときの油の量が多いため餃子の底面が揚げ餃子状態になっていることがよくあります。

「安心・安全・手づくり」そして味にも自信あり!「宇都宮餃子専門店」
posted by 餃子 ギョーザ 餃子が食べたい 記録の細道 at 17:54 | Comment(0) | 焼き餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ 

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。